ホットヨガを始めるのに必要なもの
2017.04.04

夕日ホットヨガは通常のヨガとは違い、室温・湿度の高いスタジオの中で行うことが特徴です。そのため、ホットヨガサロンへ行くときには必ず着替えを用意しておきましょう。スポーツ用品店などで、動きやすく、汗で汚れても問題のないウェアを購入しておくのがおすすめです。ホットヨガ専用のウェアを購入することで「せっかく買ったんだから、きちんと利用しよう!」とやる気が湧き、モチベーション維持にも効果が期待できます。

次に大切なのがタオル。とにかく汗をかきやすいため、首や顔周りを拭くためのタオルは欠かせません。さらに、レッスン後にシャワーを浴びることを考え、身体を拭くためのタオルを汗ふきタオルとは別に用意しておきましょう。乾燥肌など肌質が気になる人は、洗顔料、メイク落とし、ローションやクリームなど、シャワー前後に使うスキンケアアイテムを携帯しておきましょう。コスメはお直し用の簡易的なものだけでなく、ベースメイクからアイメイクまできちんと用意しておくと安心です。

そして、汗をかきやすいホットヨガだからこそ、忘れてはいけないのが「水」です。たくさん汗をかき体内の水分を失ったあと、そのままの状態でいると頭痛や吐き気などの体調不良を招きかねません。充分な量の飲料水を、しっかり用意しておきましょう。500ミリのペットボトルではなく、1リットル~2リットルの大き目のペットボトルを用意しておくと安心です。重さがあるので、自宅から持っていくのではなくスタジオ近くのスーパーやドラッグストア、コンビニの場所を確認しておき、行く途中で購入するのがおすすめ。買い忘れたときにも、多くの場合スタジオ内で購入できます。

また、汗で滑って転倒するなどの事故を防ぐためにも、ヨガマットを用意しておきましょう。薄めの素材のもの、サイズがコンパクトなものなど、持ち運びに便利なヨガマットもたくさん展開されています。デザインや使いやすさなどを含めてお気に入りのヨガマットを購入することで、ホットヨガサロンはもちろんのこと自宅でもマットを敷いてヨガをするきっかけになり、習慣が定着しやすくなります。ヨガマットの持ち運びが難しい場合には、スタジオでレンタルできるか、さらに有料か無料かもあらかじめ調べておくことをおすすめします。
髪の長い人は、ヘアゴムやヘアピン類を持っていくと、レッスンの最中にじゃまになることがありません。ミディアムやセミロングの人も、顔まわりの髪をまとめるヘアバンドなどがあると高い集中力をキープしやすくなります。動きやすく、清潔な状態でホットヨガに集中できるよう、必要なものをしっかり揃えてからスタジオへ足を運びましょう。

▲ ページトップへ